DUCATI DIAVEL CARBON

それまでのDUCATIとは明らかに異なるボリュームのあるスタイリングながら、軽快な乗り味と豪快な加速で人気のDIAVEL。

2014年のマイナーチェンジでテスタストレッタ11°エンジンはデュアルスパーク化され、誰もがハッキリ分かるレベルで中低速がより乗りやすくなりました。

 

 

またヘッドライトはフルLED化され、サイレンサーもスラッシュカットタイプにデザイン変更されました。

 

そのDIAVELにドライカーボン製の外装とアルミ鍛造ホイールを標準装備したのがDIAVEL CARBONです。

 

 

DIAVELの外見上の大きな特徴は何と言っても240サイズの極太リアタイヤでしょう。

でもワインディングではヒラヒラと軽快に走れます。

 

もちろんDUCATI伝統のLツインエンジンにトレリスパイプフレームの組み合わせ

 

ボローニャ方言で「悪魔」という意味のDIAVEL

そしてこちらの車輌は走行僅か10キロの極上車輌です。

2017年春にこのDIAVELで悪魔デビューしませんか?

 

 

現在DUCATIさいたまに展示中です!

ぜひ実車をその目でご確認ください。

 

以上、現在10万46歳のDUCATIさいたま加藤でした。