Capit ドライヘルメットのご案内

ヘルメットをクリーンに乾燥!!

梅雨が明けると同時に気温がぐんぐん高くなっていく日本の気候。暑さに比例してヘルメット内部も汗でジメッと…。汗や雨で湿気を帯びてしまったヘルメット。そのままにしておくと雑菌やカビの繁殖(臭い)にも繋がります。Capit ドライヘルメットでクリーンに乾燥しませんか。

使い方は
カンタン!!

台座の上にヘルメットを置き、軽くシールドを開けて通気性を確保。あとは送風、温風を選んでスイッチオン。たったそれだけの操作でヘルメットを乾燥させます。

他社製品とはここが違います。

Capit ドライヘルメットは同カテゴリアイテムと比較して大きく異なる特徴があります。この種の製品の場合、送風口がヘルメット内部に大きく入り込んだタイプが主流です。
そのため頭頂部ばかりが乾いてしまい頬の部分はジメッと湿気が残ってしまうことも。

Capit ドライヘルメットにはそんなウィークポイントはありません。フラットで大きく広い送風口が風をヘルメット内部全体にムラなく循環。使用時のヘルメットの安定性も抜群で安心安全にお使いいただけます。とにかく風を出せばいいといった安易な製品ではなくヘルメット内部全体を乾かす製品がCapit ドライヘルメットです。

縦:約40cm / 横:約28cm / 高:約13cm

送風だけの製品が多い中
温風が出るタイプ珍しい。

Capit ドライヘルメットは送風だけの製品が多い中、温風機能もついています。温風は内装へのダメージを防ぐため高すぎないこともポイントです。

温かい空気を循環させることでよりスピーディーに乾燥させることができるのでレースや走行会の短いインターバルの間でもお使いいだたけます。

お求めは下記リンクからおすすみください。

8月19日(日)MBM開催のお知らせ(*帰りルート変更)

皆さんこんにちは。 DUCATI渋谷 喜納です。   8月19日 日曜日(バイクの日)MB …

夏季休業日のご案内

皆様こんにちは   DUCATI渋谷 喜納です。   誠に勝手ながら &nbsp …

DUCATI渋谷にてPanigaleV4S展示中でございます!

皆さんこんにちは。ドゥカティ渋谷 喜納です。     現在ドゥカティ渋谷にてPa …