パイクスピーク展示中です!

こんにちは。

DUCATIさいたまの加藤です。

 

実は超速いMULTISTRADA1200

昨年新型が発売され、そのDVTエンジンの扱い易さと速さで日本でも着実にファンを増やしつつあります。

 

そして今回ついにやって来ました!!

パイクスピークです!

CIMG9342

CIMG9363

写真で見てイメージしていた以上のカッコよさです。

 

 

DUCATIと言えば・・・、のテルミニョーニサイレンサーが標準装備。

当然車検対応です。

CIMG9358

 

 

パイクスピークの見た目の大きな特徴のひとつ、カーボンスクリーン。

旧モデルよりも凝った作りになっております。

CIMG9355

 

 

その他にもカーボンパーツ

 

 

フロントフェンダーもカーボン製のものが塗り分けられています。

CIMG9379

 

パイクスピークだけの装備。車輌前端、後端のDUCATI CORSEのエンブレム。

 

ちなみに他のモデルはDUCATIのエンブレムです。

CIMG9346

 

 

今回のパイクスピークの最大の特徴でもありますが、敢えてスカイフックサスペンションを装備せず、機械式調整機構付きのオーリンズサスペンションを前後に装備!

CIMG9351

当然フロントのトップキャップからの配線はありません。

 

リアサスはプリロードのアジャスターはここに・・

CIMG9376

 

そして、減衰の調整ダイヤルが外からは見えません。

どこにあるかと言えば・・・

ココです!

CIMG9367

 

シートを外すとゴムのカバーが現れ・・・

そのカバーを外すと・・・

減衰アジャスターが出現!

CIMG9369

 

TTXサスペンション特有のレイアウト

伸び側、縮み側それぞれのアジャスターが並んでいます。もちろん手で簡単に回せます。

CIMG9371

 

旧モデルよりも極低速域からスムースで乗り易く、しかもひとたびスロットルを大きめに開けるとまさしく怒涛の加速をする最新のDVTエンジン。

本当に凄い加速をします。

CIMG9366

 

 

フロントブレーキ周りはPANIGALEと同じブレンボM50キャリパーに330mmのブレーキディスク。

当然ABSも装備。よく効きます!

CIMG9354

 

 

そして、ここでひとつ大事なポイントが!

このMULTISTRADA1200S PIKES PEAK、

今年2016年の日本への導入予定台数は僅か90台の予定です。(2月22日現在)

つまり1都道府県あたりに2台もない計算になります。

 

「いいじゃん!」と思われた方は行動をお急ぎ下さい。

現在DUCATIさいたまに展示中です。

是非実車をご覧下さい。

CIMG9364

 

 

この記事をお読みになっているお客様はこちらの記事もお読みになっております。