Capitタイヤウォーマー@MotoGP日本グランプリ

いよいよ始まりました、MotoGP日本グランプリ。 

 

 

金曜日はフリー走行ですが、お目当のライダーからサインをゲットするには最も適した日。出待ちのファンがチームピット前に殺到しています。

 

熱気渦巻くパドックの中、CapitタイヤウォーマーがテクニカルスポンサーでサポートしているMONSTER YAMAHA TECH3を訪問。

 

 

タイヤウォーマーはCapitの最新テクノロジーをすべて装備する最高峰モデルのFACTORY/ファクトリーの別体式デジタルサーモコントロールタイプ。アルミニウムホイールラックのMAMMUT/マムートとともにタイヤをしっかりと保温します。

 

MAXIMA/マキシマで培った立体縫製+3ピース構造がしわなくピッタリとタイヤに密着。パドック内でCapit以外にも様々なタイヤウォーマーを見ることができますが、このタイヤトレッドに吸い付くように密着しているタイヤウォーマーはCapit FACTORY/ファクトリーやMAXIMA/マキシマだけ!念のためにご説明いたしますが、CapitのスタンダードモデルSUPREMA/スープレマは1ピース構造で立体縫製ではありませんが、絶妙な縫製技術により他のメーカーのものよりも密着度が高いのです。

Capitを他のメーカーのタイヤウォーマーと比べていただいた時に一目瞭然なのは、そのしなやかさと軽さ。分厚くてゴワゴワしたタイヤウォーマーはタイヤにしっかりと密着し難く、タイヤの性能を発揮させているとは言えません。

 

MAMMUT/マムートホイールラックに被せられた保温カバー。Capitの新製品です(価格はあらためてご案内させていただきます)。低い外気温に影響されずに効率よくタイヤ温度を高めたい時はこの保温カバーは効果覿面です。

 

 

 

世界を戦うトップチームは、スタッフの動きの一つ一つに無駄がありません。走行中のマシンが再びピットインするために整然と準備をします。タイヤウォーマーもフロントやリヤスタンドの中に置いておけば、素早く装着できるだけでなく、うっかり踏みつけたりすることもなく不要なトラブルを未然に防ぎます。

 

午前中のフリー走行は外気温も低めでしたので、Capitベントストップを使ってタイヤウォーマーの熱をに逃さず効率よく保温します。

 

明日土曜日は公式予選、明後日日曜日は決勝。ツインリンクモテギ内ではMotoGP日本グランプリを盛り上げるための様々なイベントが用意されています。中央エントランスの特設ステージやフリースタイルモトクロス、そして様々な車輌/パーツサプライヤーが出店するカスタムビレッジが開催されます。

モトコルセではCapitタイヤウォーマーウォーミー電熱アパレルMotoGP日本グランプリ特価販売を行いますので、ぜひお立ち寄りください!

工芸品のような美しさ。チタニウム ハンドルバーエンド

美しい面とゆるやかに曲線を描くカーブ。
緻密に切削されたモトコルセのロゴと規則正しく配置されたディンプル。
工芸品のように煌めくモトコルセ チタニウムハンドルバーエンド。
周囲の景色をすべて映し込み確かな存在感をもって魅了します。