DUCATI Panigale V4 S

DUCATI Panigale V4 S

車輌本体価格 : ¥ 3,310,000 (税込) ※1

参考乗り出し価格 : ¥ 3,454,690 (税込) ※2

お近くの店舗までご連絡ください。

 MOTO CORSE Museo

TEL 046-220-1711

 ドゥカティ 渋谷

TEL 03-5778-3955

 ドゥカティ さいたま

TEL 048-878-9101

DUCATIの新たなフラッグシップスーパーバイクがPANIGALE V4です。

伝統の90°デスモツインエンジンからMoto-GPを戦うV4ユニットのテクノロジーを満載した「 Desmosedici Stradale 」90°V型4気筒エンジンを搭載。

車体にもオリジナリティに溢れた構造を採用し、さらに最先端の電子制御デバイスを満載したPANIGALE V4はMoto-GPマシンに最も近いパフォーマンスを誇るスーパーバイクです。

PANIGALE V4はさまざまなスキルのライダーがMoto-GPマシンのパフォーマンスや興奮、楽しさを味わえる初めてのモデルです。

そのスタイル、パフォーマンス、情熱がライダーの心を揺さぶります。

PANIGALE V4 Sはオーリンズ製セミアクティブサスペンションやマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールが標準装備された上級モデルとなります。

シャシー アルミニウム合金製「フロントフレーム] + アルミニウム合金製片持ちスイングアーム
エンジン型式 「Desmosedici Stradale 」水冷90° V型4気筒 4バルブデスモドロミック
排気量 1,103 cc
最高出力 212hp / 13,000rpm
最大トルク 12.6kgm / 10,00rpm
乾燥重量 173 kg
シート高 830 mm
フューエルタンク容量 16 L (リザーブ容量含む)

カラー

RED / Moto GP

Moto GPカラーは+215,000円(税込)

※1 車輌本体価格(現金販売価格)には保険料、税金(消費税を除く)登録等に伴う費用などは含まれておりません。

※2 参考乗り出し価格には法定費用、自賠責保険、整備費用、登録費用、車検取得費用など最低限かかる諸費用を加算したおおよその価格となります。ご契約条件により乗り出し価格は変わります。


 

美しさとアグレッシブさを見事に融合させたデザインが特徴のフェアリングはダブルレイヤーソリューションを採用。
非常にコンパクトなサイドカウルとラジエータのエアアウトレットとしても機能するセカンドカウルによる2層構造となっております。
テールカウルはスムーズなエアフローを実現するウィングデザインを採用しております。
ライダーの体を伝う空気の流れをスムーズに排出し空気抵抗を低減します。
バックシルエットからはPanigale V4のアグレッシブなエクステリアデザインを強調させるテールライトも印象的です。


ダイヤモンドタンクと呼ばれるコンパクトかつマッシブな形状の軽量なアルミ製フューエルタンクを採用。
1199/1299 Panigaleと比較して膝でグリップさせやすく、バイクとの一体感を高めてくれます。
ライダーの座席の下にまで伸びる構造となっておりマスの集中化にも貢献しつつ16Lの容量を確保しております。


 

革新的な1199 / 1299 Panigaleのモノコックフレームを進化させたフロントフレームを採用。
エンジンをフレームの構造体の一部として活用するコンセプトはそのままにフレーム部にバンク中の路面からのインフォメーションを吸収する柔軟性を持たせたのが特徴です。
フロントフレームはステアリングヘッドからフロントシリンダー上部、V4リアバンクのシリンダーヘッドをマウントする非常にコンパクトな形状です。
精密なアルミ鋳造により製造され、肉厚も非常に薄く仕上げられており単体重量は僅か4kgとなっております。


 

片持ちスイングアームは1299 Panigaleと比べて重量はそのままに約80mm延長しております。
これにより近年のMoto-GPマシンでもトレンドであるロングホイールベース化(1299 Panigale比で約32mm)もしており、強大なパワーを確実に路面に伝えます。


フルカラーのTFT液晶メーターを採用。
タコメーターは直感的に認識しやすいアナログ表示となっております。
Panigale V4 Sに採用されている先進の電子制御デバイスもメーター上でセッティングできます。
1299 Panigaleから大きく変更されたセッティングボタンにより操作性が大きく向上しており、サーキット走行中の電子制御デバイスの介入度合いの変更も容易になりました。


 

 

Moto-GPを戦うDesmosedici GPのテクノロジーをふんだんに取り入れた新開発の「Desmosedici Stradale」エンジンを搭載。
90° V型4気筒レイアウトやデスモドロミック機構はもちろん、逆回転クランクシャフト、81mmのシリンダーボア径、不等間隔爆発「ツインパルス」、可変吸気システムなどを採用。
Panigale V4 / Panigale V4 SはSBKレギュレーションを無視した半ば反則といえる1,103ccの排気量を採用。

これらにより最高回転数15,000rpm、最高出力212hpを発揮します。

圧倒的なスペックを誇りながら先進の電子制御デバイスにより街中からサーキットまでスムーズにライディングすることができます。


 

 

新たな幕開けであるデスモV4サウンドを奏でるサイレンサー。
マスの集中化を追求した結果エンジン下にマウントされております。
カウルに完全に溶け込んだスッキリとしたデザインも特徴です。


 

 

Panigale V4 Sには第2世代のオーリンズセミアクティブサスペンションが装備されています。
フロントフォーク、リヤショック、ステアリングダンパーの特性を車輌の走行状態に応じてリアルタイムで変化させることで優れたハンドリングと安定性を両立させております。
ディスプレイ上で細かなセッティングが行え、ダンパー特性のアクティブ / 非アクティブ(固定ダンパー特性)の設定も可能です。


軽量なマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを標準装備しております。


 

フロントブレーキキャリパーは新型となるbrembo製Stylemaモノブロックキャリパーを採用。
前作のM50キャリパーと比較してピストンやブレーキパッド周りをスリム化しつつ、ブレーキフルードスペースのコンパクト化によりブレーキレスポンスが大幅に向上しています。
また、冷却性の向上や全体のコンパクト化により7%もの重量削減を実現しております。